引越し料金のしくみ

引越し料金のしくみを知ろう!|引越し業者見積もりネット

引越料金のしくみを知ろう

引越し業者へ見積もりを依頼する前に、まずは引越料金のしくみを知りましょう。
引越し料金がどのように算出されるのか、みなさんご存知ですか?

 

基本的な計算式がこちら↓
基礎運賃+実費+サービス料=引越料金

 

ここでの「基礎運賃」とは、国土交通省によってあらかじめ定められた引越約款に基づいて計算される運賃のこと。
政府が定めたものなので、この時点で法外な料金が加算されることはありません。
そして基礎運賃は、さらに時間制と距離制の2種類に分かれます。

 

時間制の場合は4時間・8時間の基礎時間があり、これが軽貸物運送業者の場合2時間・8時間に。
1時間経過するごとに、追加料金が発生するしくみです。

 

そして距離制の場合は100km、軽貸物運送業者は30kmの基礎距離があり、時間制と同じく
超過した分だけ追加料金が発生します。

 

もちろん、使用する車両の積載量も関わってきます。
引越しの規模にもよりますが、だいたい1DKで2t車・2DKで4t車・3DK〜4LDKで
4t車〜10t車が目安となります。

 

次に「実費」。
これは引越し作業員(人数分)の作業料と、梱包資材料・有料道路利用時
(片道分を請求されることが多いよう)などの交通費が含まれます。
ちなみに作業員数は引越しの規模に応じて決められ、1DK〜2DKで2〜3人、
3DK〜4LDKで3〜5人が目安のようです。

 

最後にサービス料ですが、これはエアコンの取り付け・取り外し、ピアノの運送、
自動車・バイクの輸送、それに不用品処理・ハウスクリーニングなどを業者へ依頼した場合に発生します。

 

ちなみにこうしたサービスは引越し業者自らが対応する場合割安になるのですが、
業者の中には専門業者に委託しているところもあって、その場合かなり高くついてしまうことも。
そのため見積もりは数社に依頼し、それぞれのサービス料を比べてみると必要があります。

 

以上が引越料金の内訳となります。
基礎運賃以外は業者によって料金設定が異なるので、この点からも見積もりは数社に
依頼するのが良さそうですね。

 

下記の一括見積もり業者なら、100社以上の引越し業者の見積もりが一括で依頼できます。
また今なら、引っ越し料金が最大50%割引なので、利用しない手はないですよ!

 

ズバット公式ホームページへ