引越し 掃除

引越し前後に行う、掃除のコツ|引越し業者見積もりネット

引越し前後の掃除のコツ

引っ越しの荷造りをしながら掃除をしていて、いちばん気になるのが埃。
埃の掃除対策には、湿った雑巾を用意します。

 

まずは雑巾の端から3分の1ほどを水で濡らし、固く絞ります。
そして乾いている部分で濡れた部分を包めば、ほどよい湿り具合の雑巾に。
それで畳や家具・テレビなどに溜まった埃を、サッと拭き取ることができますよ。

 

ちなみに畳の縁の汚れには、爪ブラシが最適。
住宅用洗剤を爪ブラシにつけ、縁を軽くこするようにすると汚れがきれいに落ちます。
また取れた汚れは、すぐに蒸しタオルで叩くようにして取り除くのがコツ。
仕上げには乾いた雑巾で縁の水気を拭き取ってください。

 

さらに天井の埃を落とすには、古新聞を4〜5枚天井に届く高さになるよう筒状に巻きます。
その先に少し水を付けて天井を払うと、埃を絡めとることができますよ。
もし柄の長いほうきがあるなら、先端にタオルを1枚かけ、さらにその上に
ナイロンストッキングをかぶせます。
実はナイロンには埃を吸い込む働きがあり、これで天井を掃くと内側のタオルに埃が吸着します。

 

埃と言えば、照明器具にもたくさん付着しているもの。
照明器具は電源を切り(感電の危険があるため)、住宅用洗剤で埃を落とします。
洗剤を雑巾に付けて拭き、さらに水拭きしてよく乾かしてから再度取り付けてください。

 

また電球に付いた汚れは、乾拭きでサッと。
木綿の靴下を手にはめ、電球を撫でるように拭くとキレイになりますよ。
しつこい汚れには、洗剤液を染み込ませたティッシュペーパーを貼り付けるのをおすすめ、
しばらくそのままにしておいた後、はがしながら擦ります。

 

そして普段はあまりしない網戸の埃取りも、引っ越しを気にしっかりやっておきましょう。
網戸の埃は、掃除機で吸い取ります。
この時、片面に新聞紙を貼り付けておくのがポイント。
新聞紙の反対側から掃除機をかければ、キレイに埃を取ることができるんですよ。

 

とは言え網戸は、普段からまめにブラッシングしておくことで汚れを防ぐことができます。
最近では網戸専用のブラシも市販されていますが、植物性の洗濯ブラシでも代用できますよ。

 

これらの方法を実践して、溜まった埃を一気に掃除してしまいましょう!

 

 

ズバット公式ホームページへ