自分で引越し 注意点

業者を頼らず自力で引っ越しする際の注意点|引越し業者見積もりネット

業者を頼らず自力で引っ越しする際の注意点

自力で引っ越しする方はあまりいないかもしれませんが、
引っ越し料金を安くしたいが為に自力で引っ越しをする方もいらっしゃることでしょう。
我が家の場合は近場だったので参考になるかどうかは分かりませんが、
自分達でやってみて注意した方がいいというものを書き出してみます。

 

大きな家具・冷蔵庫

引っ越し業者に頼むと、家具に傷をつけないように過剰なほどの衝撃吸収剤を使ってくれます。
これはかつての引っ越しで経験したことなのでよく分かります。
自分達で運ぶとなれば、梱包は全て自分達で行い、物が壊れても自分達の責任になります。
引っ越し先でも活躍させる家具は、過剰なほどに衝撃吸収剤を使用した方がいいでしょう。
プロの引っ越し業者と違い、素人だと運ぶ時に気を付けるべき点を把握していません。
意外に傷つきやすく、家にも傷をつけることにもなります。
我が家は最初の引っ越しでそれを学びました。
引っ越し業者の方が、いかに神経を使って仕事をしているのかがよく分かります。

 

食器類

家族が多ければ多いほど、食器類の数は多くなるでしょう。
引っ越し業者には衝撃吸収剤の入った箱を用意してくれる会社もあります。
しかし、自力の場合はそこまでいい物を用意できません。
エアーキャップ(プチプチ)や梱包用の衝撃吸収材は比較的簡単に手に入ります。
こういった物を利用してもいいのですが、お勧めは新聞紙ですね。
丸めて入れるだけでも十分な吸収剤になりますし、無駄なゴミが出ません。
我が家は全て新聞紙で対応しましたが、あまりにも多い食器の量で一番時間が掛かった部分でもあります。

 

CD・ガラス小物など

CDやガラス小物なども非常に割れやすいものです。
しかし、これらは隙間なく段ボールに詰めれば割れる心配はありません。
形状が特殊でどうしても気になる場合は、タオルの間に納めると衝撃をなくせます。

 

布団

ベッドを使用している人が多い時代ですが、我が家は全員敷布団を使用していました。
すぐに使うものなので、圧縮せずに布団袋に入れて運びました。
お客様用の布団はすぐに使わないものなので、圧縮して次の引っ越しまでそのままにしておきました。

 

これ以外の物に関しては、それほど気を遣わなくても問題のないものばかりでした。
私たちは近場で助かったので、
検討する際は実際に引越しの見積もり費用を確認してみてください。

 

つづく

>>引越しの見積もり出して費用を確認したいのなら